ケアハウス大山のふもと

大山のふもとについて

大山のふもと外観

大山のふもとは鳥取県西伯郡伯耆町にある老人ホームです。

ケアハウスとは

60歳以上の方(ご夫婦の場合は、一方が60歳以下でも可)で身体機能の低下により、独立して生活することが不安な方が入居の条件となっています。
バリアフリーの設計になっており、ご高齢の方や障がいをお持ちの方に配慮した優しく安全な集合住宅です。
また、すべて個室でプライバシーが守られています。
自主性を尊重し、ご自分の時間を自由に楽しく、生きがいのある人生を送っていただけるよう、支援いたします。
ケアハウス内でのクラブ活動や行事などありますが、参加は自由です。
また、安心した生活が送れるようスタッフが常駐し、協力医療機関とも連携しています。

施設概要

名称 ケアハウス 大山のふもと
住所 〒689-4102 鳥取県西伯郡伯耆町大原1013番11
設置主体 社会福祉法人宏平会(こうへいかい)
理事長 富田 昌宏(とみた まさひろ)
開設年月日 平成15年3月18日
定員 72名(一般60名、特定施設入所者生活介護12名)
交通 JR伯備線岸本駅までは車で5分、米子駅までは車で約20分
施設概要 敷地面積:3,254.48平方メートル
建築面積:1,964.24平方メートル
延床面積:3,386.16平方メートル
構造規模:鉄筋コンクリート造 4階建
設計監理:株式会社 日建設計 東京
施工:西松建設株式会社 中国支店
居室 全室個室/23.36~23.59平方メートル(内シャワー付き12室)
※全室個室ですが、2人部屋として使用できる部屋が6室あります。
居室設備 洋式トイレ、洗面所、ミニキッチン(シンク・電磁調理器)、エアコン、緊急通報装置、収納、下足箱、電話
共用設備 食堂、ラウンジ、談話室、洗濯室、相談室、静養室、浴室(女性・男性・個人浴室)、自販機コーナー、エレベーター、スプリンクラー、火災報知機

ヘルパーステーション

訪問介護とはヘルパーがご自宅を訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。介護保険利用の場合は介護支援専門員が作成するケアプランに基づいて、食事介助、排泄、介助、入浴介助、衣類の着脱介助・身体の清拭・通院等の介助などの「身体介護」と、掃除・洗濯・買い物などの「生活援助」に区分されます。
◎実施地域 / 伯耆町、大山町、日吉津村、南部町、米子市 
◎お問い合わせ
電話:0859-68-6511
担当:村尾 祐香

交通アクセス

JR伯備線岸本駅よりタクシー5分、米子駅からは車で約20分
maps.google.co.jp/maps

伯耆町役場等からデマンドバスも出ています。

クラブの紹介

クッキング

クッキング月に1回、入居者の方と一緒に、おやつ作りを行なっています。
旬の野菜や果物を使ったもの、行事に合わせたもの、入居者のみなさまよりご希望があったものなど、みんなでワイワイ言いながら作っています。時には失敗することもありますが…それもご愛嬌ということで(*^_^*)
自分で作るとおいしさも倍増です!!
材料費のみ実費程度ご負担いただきます。みなさまのご参加をお待ちしております。

園芸クラブ

ケアハウスの敷地は四季折々の花木に囲まれ心を癒してくれます。
ケアハウスの畑では四季折々の野菜が収穫され、ケアハウスの食卓にのぼります。
クラブの面々が、大きな石をどかし、畑をおこし、種を蒔き、水や肥料をやり、草取りもして下さっています。
そのおかげで収穫に恵まれ、入居者のみなさんやケアハウスを訪れてくださるお客様の目を楽しませてくれます。
限られた予算(基本的に自己負担はありません)の中で、多くの方のボランティア精神で活動しています。
門松作りやしめ縄作りも行います。

収穫した聖護院大根収穫した聖護院大根

草取り作業中草取り作業中

ケアハウスで収穫された小玉すいかケアハウスで収穫された小玉すいか

麓風会(句会)

「麓に流れる爽やかな風」をイメージし、俳句の会を「麓風会」と名付けました。
初期のメンバーのお一人が、考えて下さいました。
毎月1回お題に沿った句を詠んでいただき、それを施設内に掲示したり、「ふもとの便り」に掲載したりしています。
亡くなられたご主人や奥様への想い、光景が目に浮かぶようなリアルな描写などを、五七五で見事に表現!!
すばらしい!!
職員も教えていただくのですが、まだまだ…です。


〒689-4102 鳥取県西伯郡伯耆町大原1013番地11
TEL(0859)68-6800FAX(0859)68-6801
fumoto6800@sea.chukai.ne.jp
page top